佳作

氏名:安藤 豪之助
所属:大阪桐蔭中学校・高等学校  生徒

「母」

偉大なる平凡人というのはまさに「母」のことである。
僕の母はどこにでも居る普通の母である。
特に料理が得意なわけでもなく、掃除もかなり適当だ。
しかし、母は僕を産む時に生死をさまよった。薄れゆく意識の中で「この子は絶対産む!そして私も生きる!」という母の強い気持ちのおかげで今僕はここに居るのだ。
人一倍正義感が強く、他人のために自分が犠牲になってもなんとも思わない母を今度は僕が守っていこうと思う。