募金趣意書

大阪産業大学

募金趣意書

 学校法人大阪産業大学は、昭和3年(1928年)大阪鉄道学校創立以来、歳月を重ねて、平成30年11月に学園創立90周年を迎えます。これまで、一貫して実社会を支える有能な人材育成を目標に掲げて各教育機関の教育内容や施設・設備の整備に注力して参りました。
 現在では、大学(大学院、6学部13学科)、附属中学・高等学校、大阪桐蔭中学・高等学校を設置するに至り、学生・生徒数約13,000名、教職員約730名を擁する教育機関に成長するとともに、これまで実に16万余名の卒業生が社会に巣立っております。これもひとえに、各界各層からのご理解とご支援の賜物と心より感謝致しております。

 さて、ご承知の通り、私学を取り巻く環境は少子化、グローバル化、知的基盤社会の急速な進展によって、より一層厳しさを増しています。政府の「教育再生実行会議」では、大学における教育改革をはじめ様々な提言がなされていますが、こうした状況の中、本学園の建学の精神である「偉大なる平凡人たれ」のもと、各教育機関において独自の学風に基づき、「真の学ぶ力」を培うための教育改革に取り組み、社会的使命を果たすべく努力しているところでございます。

 そこで、私共はこのたびの学園創立90周年を機に、10年後迎える100周年を見据えた「学校法人大阪産業大学Vision100(仮称)」を策定し、良き伝統を堅持しつつ、社会からの要請に応えうる学園の将来像を公表して、教職員が一丸となってその実現に向けて取り組んで参ります。また、安心・安全な施設の整備は年次的に対応しているところでありますが、更に特別な記念事業として、学生・生徒の修学環境をより充実させるための諸事業を計画致しました。

 つきましては、保護者並びに卒業生の皆様をはじめ、広く関係の皆様方には先にも述べました通り、新たに学園の躍進への意気込みをご賢察のうえ、格別のご支援、ご賛助を賜りますよう切にお願い申し上げる次第です。

学園創立90周年記念事業推進本部長
学校法人 大阪産業大学
理事長 吉岡 征四郎